2010年03月09日

「こも外し」 島根の足立美術館(産経新聞)

 冬ごもりの虫がはい出てくるとされる「啓(けい)蟄(ちつ)」の6日、島根県安来市古川町の足立美術館の日本庭園で「こも外し」が行われた。

 この日、小雨の降る中、専属の庭師7人が、わらで編まれた幅約60センチのこもを手際良くアカマツから取り外していった。美術館を訪れた入館者らは庭師のこも外しに、春の息吹を感じている様子だった。

 こもは冬の間、樹皮に侵入しようとする害虫を集めるために松の幹に巻かれる。広さ約3万9千平方メートルの日本庭園には、アカマツ800本が植えられており、昨年12月、このうち約100本にこもが巻かれた。

【関連記事】
味自慢大会 有田ミカンを食材に多彩な料理
水木しげるさんの故郷・境港で「妖怪ひなまつり」
生き残り難題、ご当地検定 全国240…ブーム一服も宝塚が参入
総本山善通寺で稲穂投げ 香川
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
城東の強盗事件 容疑で男逮捕 ゲームソフト店(産経新聞)
対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)
ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
posted by ミズシマ ヨシイチ at 04:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。