2010年03月23日

沖縄の航空管制「嘉手納ラプコン」日本返還で合意(読売新聞)

 国土交通省は18日、沖縄本島の空域の管制を行ってきた米軍嘉手納基地の航空交通管制「嘉手納ラプコン」を、今月31日に日本側に返還することで米国と合意したと発表した。18日の日米合同委員会で決定した。これにより、米軍による民間機の航空管制が残るのは、米軍横田基地の横田ラプコンと、松山空港に離着陸する便が通過する米軍岩国基地の岩国ラプコンの二つとなる。

 嘉手納ラプコンを巡っては、2004年に07年度末までの返還がいったん決まったが、米軍の戦闘機の特殊な飛行方式や交信用語について日本人管制官の訓練が追いつかず、ずれ込んでいた。これまでに計47人の国交省の管制官が米軍嘉手納基地内での訓練を終えており、今月31日からは管制官が那覇空港近くに設けられる那覇空港事務所のレーダー室に移り、管制業務を開始する。

 国交省によると、これまで那覇空港を出発する便は、嘉手納飛行場に着陸する米軍機と飛行ルートが重なるため、離陸後約10キロ・メートル程度は日常的に高度約300メートルに抑えて飛行していた。今後は、嘉手納基地に到着する米軍機の進入管制業務も国交省が担うため、嘉手納の到着機の状況を見て、滑らかな上昇が可能になる。

郵政改革、今週決断=政府出資と郵貯限度額が焦点−亀井担当相(時事通信)
参院選公約づくりに着手=子ども手当の扱い焦点−民主(時事通信)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
<訃報>鈴木邦一さん87歳=元大東銀行頭取(毎日新聞)
海岸に女性遺体、切断か=捜査本部設置−福岡県警(時事通信)
posted by ミズシマ ヨシイチ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。